歯ブラシの選び方を知る

歯に歯垢が溜まっていると、虫歯のリスクが高まります。
普段の歯磨きでしっかり歯垢を落とすことが、予防歯科に繋がります。
そのために、良い歯ブラシを購入してください。
歯ブラシの正しい選び方は、自分の口の大きさに合うものや、毛の固さに注意することです。
安いことを基準に選択していると自分の口に合わず、うまく歯を磨けません。
さらにデンタルフロスも使うことで、歯ブラシだけを使った時よりも歯垢を除去できます。

口内を清潔にして、細菌を繁殖させないことも予防歯科になります。
就寝している時が、最も細菌が増えやすいのでデンタルリンスを使ってください。
就寝前にデンタルリンスでうがいをすることで、口内にいる細菌を死滅させられます。
フッ素を、歯に残すことも意識してください。
歯磨き粉を使いすぎないことや、長くじっくり歯を磨くことでフッ素が残ります。
フッ素は、歯を守るために必要な存在です。
歯の磨き方も、この機会に再確認しましょう。

定期的に歯医者に行って、検診を受けることも重要です。
自分ではしっかり歯を磨いているつもりかもしれませんが、磨き残しがあるかもしれません。
医師に診てもらえば、磨き残しにもすぐ気づけるでしょう。
また歯垢が固くこびりついた歯石は、歯医者で除去しなければいけません。
1か月に1回のペースで歯医者に行けば、虫歯になっていても早期発見や早期治療ができます。
それなら痛みも感じず、スムーズに治療が進むでしょう。