虫歯にならないように注意する

使いやすい歯ブラシを選択

歯の表面に、細菌のかたまりが付着します。
それが歯垢と呼ばれるもので、虫歯や歯周病などの原因になるので毎日の歯磨きで除去してください。
歯垢は歯の表面にこびりついて、なかなか剥がれません。
水でうがいをするだけでは足りないので、歯ブラシで磨いてください。
特に奥歯や歯の裏側は、磨きにくい部分です。
そこに歯垢が残ることが多いので、より意識しましょう。

歯ブラシのヘッドの長さは、前歯2本分ぐらいが目安です。
それよりも大きくなると、使いにくいと言われています。
また歯ブラシには、いくつか毛の固さが存在しています。
歯茎の状態が良いなら、普通から固めのもので構いません。
しかし歯茎に異変があり、すぐ出血する人は柔らかめの歯ブラシをおすすめします。

デンタルフロスを利用する

歯磨きの仕上げをするために、デンタルフロスを購入してください。
デンタルフロスは、歯間ブラシとも呼ばれています。
歯の隙間に入れることで、奥に入り込んでいる歯垢も除去できる優れた道具になります。
初めてデンタルフロスを使うなら、ホルダー付きタイプが使いやすくて良いでしょう。

ロールタイプと呼ばれる、デンタルフロスもあります。
それは細かい調整や力の加減をしなければいけないので、デンタルフロスの使い方に慣れてから挑戦してください。
歯ブラシやデンタルフロスが汚くなったら、すぐ交換することも重要です。
毎回使った後に綺麗に洗っているでしょうが、それでもずっと使っていると、汚れが残ったり状態が悪くなったりします。