医師にチェックしてもらおう

磨き残しがある場合

毎日歯を磨いている人も、本当に歯垢がない状態なのかわからないので歯医者に行ってください。
そこで、定期検診を受けることができます。
歯垢が固まると、歯石になって普段の歯磨きでは除去できなくなってしまいます。
すると歯医者に行って、専門的な道具で除去してもらわなければいけません。
歯石が長い時間残ると、虫歯や歯周病の原因になります。

また歯石が残っているということは、普段の歯磨きに問題があることが理由でしょう。
定期検診の時に、医師から正しい歯磨きの方法を聞いてください。
するとこれまで行っていた歯磨きが、実は間違っていたことに気づけるかもしれません。
今からでも間に合うので、歯磨きの方法を修正して予防歯科を行いましょう。

虫歯に早く気づこう

もし虫歯になっていたとしても、すぐ気づければ問題ありません。
定期検診に行くと初期状態でも医師が見つけてくれるので、そのまま治療に進めます。
1か月に1回は、定期検診に行きましょう。
それよりも間隔が空くと、虫歯になっていても気づけず悪化してから治療することになります。

すると痛みが大きくなりますし、完治するまでに時間が掛かるのでデメリットが多いです。
定期検診の時に、医師からおすすめの歯ブラシやデンタルリンスなどを紹介してもらうことも可能です。
ドラッグストアに行くと、たくさんの種類があるのでどれが良いのか悩んでしまう人が多いと思います。
間違って購入したら意味がないので、予防歯科に本当に効果を発揮できる道具を教えてもらいましょう。